忍者ブログ
KIYA-HEN CLUBLOG 2016年度版  「ヤバイよっ!」って言われても、言っちゃうんだけどさ…。(笑)
[24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

CA390132.JPGCA390133.JPG





独りでスープカレーを食ってみた。

なんか、独りでこう言うマニアックな店で飯を食うなんて、サブカルオタクっぽくてイヤなのだが、ここメディスンマンのカレーは美味いのでしょうがない。

スープカレーがブームになる前から営業している、正統派スープカレー店で、たぶん、普通の人が想像するスープカレーの正しい姿を拝める店でしょう。
スープカレーブーム以来、他店との差別化に熱心なお店が、色々な独自のアレンジを施したメニューを出す中、一貫してオーソドックスなメニューで勝負している姿勢がオレは好きだ。

なんつーか、美術館とかでもそうなのだが、絵画とか彫刻よりは、陶器やガラス食器等の方が好きだ。

その理由は、絵画なんかは「芸術」として存在するために書かれている様な気がするんだよな。
彫刻もそうだ。
でも、陶器やガラス食器なんかは、芸術作品としてではなく、実用品として存在して、その役割を全うしていないと芸術点も高くないのだ。

メディスンマンのカレーは、スープカレーとして必要最低限の内容で今も勝負し続けている。
そのストイックさは、陶器やガラス食器に通じる頑固さを感じるんだよな。

他店のカレーは絵画や彫刻のようで、スープカレーとしてよりも、サブカルチャーとしてのアイディンティティーしか感じれない。

実用性(つまり美味い飯であること)を犠牲にして、オリジナリティーを誇示するのはどうかと思う。

正直、偏った味のスープカレーは美味いと思わないんだよな。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
無題 [08/18 KIYA-HEN]
早く更新してください [08/04 おとうさん]
祈りなさい [10/14 神様]
わかる [07/30 SNA]
その人の気持ち [06/08 自由人]
同意です [06/08 たあ3]
無題 [05/24 HEN]
2年前の記事にすいません。 [05/23 通りすがり。]
無題 [04/09 某メタル好き]
無題 [08/02 弦]
無題 [06/24 きやへん]
無題 [06/23 某メタル好き]
なつかしい [02/05 山北]
無題 [01/29 Zero]
無題 [01/02 HEN]
無題 [01/02 Zero]
無題 [01/02 HEN]
無題 [01/02 HEN]
無題 [01/02 Zero]
無題 [01/01 Voice]
ブログ内検索
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]