忍者ブログ
KIYA-HEN CLUBLOG 2016年度版  「ヤバイよっ!」って言われても、言っちゃうんだけどさ…。(笑)
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今年も色々有りましたが、まぁ可もなく不可もなくな1年だったかな?
思い返そうにも、特に思い出すようなことがなかったな。
2月に車ぶつけて警察のお世話になって、6月にやっとライブで、夏には王様と重夫さんのライブで、秋には東京遠征、12月は3本物ライブを一気に。
いつも通りのバンド人生です。
他に何もしてない。w
そんな1年でした。
 
で、1年振り返りはこのへんにして、最近思ったこと。

ブログとかSNSとか投稿できる場所で時々討論(炎上じゃないよ)になったりする事がある訳だが、その文章で相手のレベルが判る様になってきた。

解りやすく言うと、バカ程態度が悪い

頭のいいやつは文章も丁寧だし、相手自身を批判すること無く自分の意見をキッチリ表現する。
相手の言うことが多少おかしくとも、それを直接おかしいと言うのでは無く、意見を出すことで、おかしいだろ?って事を相手に感じさせるような文章を書くんだよな。

対して、頭の悪いやつは先ず頭の良い奴の文章が理解できない。w
なので、かなり頓珍漢な受け答えをする。
反論が出るとその反論者の人格を攻撃しだす。
で、勝ち目がないとわかると捨て台詞とともに、スレッドから消えるわけだ。

この手のバカが物凄い勢いで増えてる。
その昔、2ch辺ではこういうバカが量産されてたが、今時まだこんな阿呆がSNSとかで猛威を奮ってるのかと思うとかなり残念な気分になる。

このバカにも種類があって、イケイケ型と、引っ込み型がある。
イケイケ型はウザイが、引っ込み型は陰湿で始末が悪い。

イケイケ型は、自分の所在を明確にした上で意見を言うので潔いのだが、いかんせんアタマが悪いので言ってる事がめちゃくちゃ。w
頭の良い奴の文章は理解できないから、自分勝手な偏光フィルターを通して見てしまい、勝手に憤慨したり、勝手に勘違いして攻撃しまくる。
しかも、攻撃先は意見でなくて、人そのもの。
相手の人格を攻撃するわけだ。

これはかなりウザい。

説明しても理解できないから、同じところをグルグル周りだすし、回ってる間にもノイズ吐きまくりで、必要な部分を探し出して読むのも大変な作業に成ってくる。
ハッキリ言って面倒だから相手にしたくない。w

そして、引っ込み型。

所謂安全圏から突っつくタイプ。
匿名だったりするともう我が物顔でクソを垂れ流す。
反論しようにも匿名だし、どこの誰かもわからない。
所謂2ch型タイプだ。
最近はSNSでもこういうタイプが出てきた。
名前こそ匿名ではないが、相手に自分の意見は言うが、自分には意見されたくないってタイプ。
つまり反論されるのが嫌なわけだ。
だから「私は言ってるだけです。」というわけの判らんスタンスで自分の意見だけ書き込む訳だ。間違って相手にすると「そういうつもりじゃないですから。」みたいな逃げ腰な言い訳をして、議論にも討論にもならない。
初めから逃げ腰なら書き込まなきゃ良いのにと思うのだが、そう言う我慢もできないほど精神が未熟なんだろう。

まぁ、世の中色んなヤツが居るが、頭の良い奴って本当に少ないんだなって思う。
幸運なことに頭の良い奴を厳選して付き合ってるので、オレの友人は概ね頭がいい。
環境って大事だね。w

PR
オレの所に来る生徒さんは、なぜオレにギターを習おうと思ったのかが気になったので、生徒さん達に聞いてみた。
取り敢えず、身内や顔見知りの紹介ってのは除いて、聞いてみると…。
 
1)オレの普段のバンド活動を見てて習いたいと思った人。
2)Youtube等に上げてある、オレがプレイしている動画を見て習いたいと思った人。
3)検索サイトで近所の個人レッスンでたまたま見つけた人。
4)他所のギター教室の先生に紹介された人。
 
まぁ、1〜3)はまぁ判るよ。
地元のローカルギタリストとは言え、そこそこ頑張って活動してるので、その姿を見て感銘してくれるのはとても嬉しく有難い。
でも、4)の「他所のギター教室の先生に紹介された」って・・・。w
 
其の先生誰?www
 
普通、自分のところに来た生徒にわざわざ他所の先生紹介する先生って居ないと思うんだけど…。w
で、生徒さんに詳しく聞いてみた…。
 
その生徒さんは、取り敢えずハードロック・ヘヴィーメタルを弾きたいのだが、そこの先生はジャズ系のギタリストだったらしい。
で、1〜2ヶ月通ったところで生徒さんの要求を持て余して、「メタル演りたいなら、キヤさんトコ行きなさい。」と諭されたらしい。
 
で、その先生の名前とかは覚えてないらしく、どこの誰か判らない。
オレの顔見知りの先生何人かの名前を出しても、生徒さんはピンと来ないようなので恐らく、オレとは殆ど交流の無い先生なんだろうと思う。
 
まぁ、オレはおかげさんで生徒さん一人増えて嬉しいのだが、そのオレを紹介した先生…すごく気になるんだけど…。w
それって、ある意味その先生にもオレは認められてるって事だよね?
 
嬉しい話だが、微妙にむず痒い不思議な話だった。w
この数年、努力したがやっぱ馴染めない人(人種?)が居る。
それは全然意識高くないのに「意識高い系」とか言われてる人たち。別名「ポジティブバカ」とも言う。
 
  • 本当に意識の高い人達は、群れたりしないんだよ。
  • 本当に意識の高い人達は、無意味な交流会には参加しないんだよ。
  • 本当に意識の高い人達は、変な和製英語なんか使わないんだよ。
  • 本当に意識の高い人達は、過度な自己顕示なんかしないんだよ。
  • 本当に意識の高い人達は、地味に人知れず努力してるんだよ。
 
本当は意識なんか高くない人ほど、群れて、趣旨不明の交流会を主催したり参加したり、世間じゃ殆ど通用しない和製英語60%の会話を好み、「専門用語で会話してる自分イケてる」って思い込んで、全然凄くない武勇伝で過度な自己顕示を好み、他力本願で誰かのアイディアに乗っかろうとする。
 
例えばね、既に成功を収めてるような著名人や実業家にくっついて、何か恩恵を得ようとか思ってるタイプの人は全然意識高くないから。

「こんな成功者とアライアンスして、グランドデザインをクリエイティブに遂行し、多くのイシューをソリューションすることで大衆にサジェスチョンしているボクは、キミたちとは違う階層の人間なんだよ。」とか思い込んでたりね。w

まぁ、金と名声だけが正義だと思いこんでるから、そうじゃない人の話なんかバカにして話半分も聞かないしね。w
  
って、あ~あ、また書いちゃった。w
これで、どのくらい敵が増えるかなぁ~?www
でも、ホント馴染めないんだよ。
彼らが低レベルに見えて、そういう人たちと交流すると馬鹿が感染るような気がしてならないんだよ。
 
そうならないように、マジ、もっと意識高く持った方がいいよ。w

http://www.asahi.com/articles/ASJ807DWVJ80ULBJ017.html

まずは、コレを読んで欲しい。

10万年って書いてあるよ?

基地外なの?

10万年後って誰が生きてるの?
誰がちゃんと管理されてるか確認する気なの?
単なる責任放棄と同等じゃないか。

10万年も埋めなきゃならない、放射性廃棄物が出る原発って何なの?
てか、コレはもう事実上、人類には処理できませんと宣言してるのと同じなんだけど。

こういういい加減な状態でしか扱えない原子力を、一部の金満政治家と、電力会社経営サイドの強欲のために、国民の命と生活を犠牲にしてまで推し進めようとする原子力ムラには、本当に腹が立ちます。
彼らは原子力を推進するだけで、十分な重罪だと思う。
法的処分が難しい状態ならば、超法規的処置として彼らを処分する必要があると思います。
其の上で、本当に10万年もかかるならば、彼らの子孫にその役目を果たしてもらいましょう。

この記事を読んでも、原子力は必要だという論調の方は、もう始めっから責任とか考えてない、その場しのぎで自分さえ良ければいいって言う糞野郎だと認定します。

つか、オレに認定されても痛くも痒くも無いでしょうけど、とりあえず認定します。w

最近は報道も少し下火になったけど、被害者はまだ意識不明重体のままなんだろうなぁ…。
 
こう言う基地外は社会に必要ないので、裁判無しの問答無用で これ以上ない残虐な殺し方で自分のしたことをじっくり後悔させながら死刑にすりゃいいと、心の底から思うよ…。 それでもまだ足りない程の凶悪殺人行為だ。

http://www.sankei.com/affairs/news/160607/afr1606070036-n1.html

またアイドル?つーか(シンガーソングライターらしいけど、)若い女の子が襲撃されたね。
 
芸能人は「芸」を売るのが商売だが、巷のローカルアイドルは何を売ってるのだろう?
「太もも」かな?w
 
またこういう事書くと反感買って関係者から無視されたりバッシングされたりするんだろうけど。w
歌も下手クソ、踊りもショッパい奴が太ももと胸の谷間で金取ってるのを見ると「良い乳してるね!」とか「良い太ももしてるね!」としか声のかけようがない。
でも、そう言うと「キヤヘンは巨乳フェチだ!」とか「太ももフェチだ!」と非難されてしまうんだが…。w
 
だったらオレを批判する前に、太もも以外の「芸」を磨けよとか思う。w
あ、勘違いして欲しくないのは、「人並みに出来る」のは「芸」じゃないから。
「人並み以上に出来る」から「芸」として認められるわけ。
つまり、カラオケレベルの歌なんか「芸」の内に入らないから。
そんなんなら、オレでも出来るわ。www
 
AKBの打ち出した「会いに行けるアイドル」が今時のアイドルの基本コンセプトになってて、既に

「芸」を売るのではなく「密接な関係」を売るのが、暗黙的なアイドルの定義に成ってしまっている。

コンセプト自体が「会いに行ける」とか言う性的魅力を暗に押し出した「芸」とは無関係なところを売りにしてるわけだ。
つまり「女」を売ってるのと等価だろ?
これは「性的なサービス」を行ってると言えるんじゃないかな?
一種の性風俗関連特集営業の無店舗型営業と等価だな。
つまり、デリヘルやテレクラと同等ってことだ。w
わかりやすいところで、ガールズバーなんかも同じだろう。
一応「深夜酒類提供飲食店」として営業してるが、実態は若いオネーチャンが露出の激しい衣装でカウンター越しの「接客サービス」をしている。
これは隣に座らないだけで、キャバクラ等の風俗営業と感覚上は等価な訳だ。
 
だとすれば、「密接な関係」を買ったキモオタからしたら、「密接な関係」を迫って然るべきと思うだろうな。
「芸」ではなく「密接な関係」を売ってるわけだから、買った方が密接に成れなかったらそりゃ怒るだろうさ。www
其れを拒否したら「ちゃんと仕事しろよ!」と思われても当然だろうしな。
つまり、芸の無い「会いに行けるアイドル」は自らストーカーを製造してるに等しい。
  
別に犯罪者を擁護する気はサラサラ無い。
むしろ今回の基地外キモオタ見たいのは、社会にとって「百害あって一利なし」なので、即刻死刑でもいいくらいだ。
 
しかし、演者側はもう少し、自分たちの立ち位置ってやつをちゃんと考えた方が良いと思うよ。
芸の無い奴、芸を磨く気のない奴は、芸能に手を出すなよ。
真面目に芸を磨いてる奴の邪魔に成るだけだから。
 
それにそんな「密接な関係」を売ってる「芸NO人」が、極端なストーカーを産むような歪んだ環境を作ってるって自覚を持って欲しいね。
ストーカーに成るような奴は、頭がオカシイからアイドルもシンガーソングライターも「若い女」なら全部一緒に見えてる訳でね。
金を払えば「密接な関係」に成れると思い込んで、事件を起こす。
その御蔭で勘違いしたキモオタが、シンガーソングライター(彼女には曲を作りそれを奏で歌う「芸」があった)を刺し殺すという痛ましい事件が起きたと言っても過言じゃないと思うよ。
 
あーあ、書いちまった。w
これでまた、関係者各位から恨まれるんだろうなぁ〜。www

実は、最近というか結構前から気になってたことがある。

それは、ニット帽。

勿論、偶にしか被らない人も沢山いるので、そういう人は除外するが、多分ニット帽愛好家としてはそういう人は少数派か、別に愛用しているわけではなく、TPOに応じて被っている程度と思われるので、ココでは割愛する。

オレが気になってるのは、常時ニット帽を被っている人だ。

何が気になるのかというと、

●四季にも時間にも関係なく何時でも必ずニット帽をかぶっている。

この常時被っていると言う心理に非常に興味がある。
まず、他の種類の帽子を愛用している人は、流石に部屋の中では帽子を取る人の方が圧倒的に多い。しかし、ニット帽愛用者は部屋の中でも取らない人が圧倒的に多い。
文字通り、四六時中ニット帽を被っているのだ。
この心理は一体どういうものか…?
何か見られたくないものが頭の上に乗っているのか、もしくは頭髪の状態が思わしくない…(ハゲ)…のか…。
そういう妄想が働くニット帽の愛用者達。

で、彼らの行動パターンに何か共通性がないかと思い、色々観察したりググってみたりしてみた。

一番最初に出てきたのは、

1)「自意識が強い」

つまり、帽子を被ることで自分を目立たせるということらしい。
ただ、この場合の帽子はニット帽に限定されておらず、むしろニット帽以外の帽子に関しての意見のようだ。
なので、あまりオレには参考になってない。

次。

2)「周りに流されない我が道を行くタイプ」と書かれていたのは、恋愛相談系の女性向けサイトだった。つまり、意中の男性を落とすには?みたいなハウツー記事の中に、「ニット帽をかぶる男性」についての女性目線での分析が載っていた。

そのサイトの記事を抜粋しておきます。

「ニット帽は日本人には似合いにくいと言われています。だからこそ着こなしてやるぞという、このタイプの男性は、我が道を行く人が多いでしょう。周りに流されないので、一般的にかわいいと言われている女性にもなびかないこともしばしば。このタイプの男性を射止めたいなら、まず彼の好きなものを聞いて、理解することから始めましょう。服装や趣味にも独自のセンスを持つ場合が多いですが、そんなときは『そのアクセサリーを選んだあなたのセンスが素敵』など、彼に寄り添うことが大切。私はあなただけのことが知りたいのですと伝えられれば、あなたへの興味が沸いてくるはずです」

だそうです。
なんとなくですが、分かる気がすると行った分析で中々鋭いなともう所もあります。

次。

3)「自分の頭の中の世界を隠したいという潜在的欲求を持っている人がいて、こういうひとは帽子をかぶることによってほかの人に自分の頭の中を覗かれないだろうという期待をもっている」

これは、OKWAVEに掲載されていた帽子をかぶる人に変わった人が多いと思うがどうなのか?と言う質問に対する答えの中から抜粋したものです。
あーなるほど!って感じだ。
確かにそういう素振りは有る。
自信があるのか無いのかよくわからない感じで、頑固なくせに自分に自信がないって感じする。

次。

4)「いつも帽子をかぶっている人は、自己顕示欲が強い人であり、自分はこんな人間だという個性をアピールしたがる人であります。帽子をかぶることにより、自分らしさを表現することができますし、自分は他の人とは違うんだと差別化を図ることもできます。
また、帽子をかぶることで、身長も高く見えますから、自分を大きく見せたい願望の現われでもあります。さらには、本当の自分を隠して、理想の自分になろうという願望も内に秘められています。
特に、いつでもどこでも、野外でも室内でも、暑くても寒くても帽子をかぶっていて脱がない人は、まさに、帽子が自己表現の一部となっており、トレードマークになっていると判断するとよいでしょう。」

これは、最初の意見をもっと詳細にした感じですね。
特に、「個性をアピール」「他人との差別化」と言うのは当たってるかもしれません。

まぁ、あとはこのどれかと同じような意見ばかりなので、割愛。
で、最後にオレの経験則からの、ニット帽愛用者から感じることを書いておこう。

5)自己顕示欲が強く、他人との差別化を図り、「自分はこうだ。」と言う自分定義や、「かくあるべき」的なポリシーが割りと明確だが、現実の自分がその通りじゃなくとも、自分定義を曲げない頑固さを持つ。
其の割に臆病者で、自分に自信がない事が多く、自分を特定されることを嫌う。
そこに第三者の指摘を受けると、逆上するか、異常に落ち込むかの両極端である。
また自分を見透かされることに異常な不安を感じているようで、他人の人生相談等には積極的に乗るのだが、自分の経歴や悩みなどはあまり話したがらない。
しかし、武勇伝的な話や自分が如何に特別であるかをアピールできる内容だといきなり雄弁に成る。
サブカル系に多いタイプで、かなりオタク寄りな感じがするが、いわゆるオタクともちょっと違う。いわゆるオタク系は、空気を読まない奴が多いが、このニット帽系はむしろ空気を読むのが上手い。しかも特定ジャンルにおける知識や技術はオタク以上に卓越している場合が多いので、その分自意識過剰気味で自己顕示欲も強いが、社会性もあるのでオタクの様な社会から孤立した感じにはならず、むしろ人望厚く多くの支持者を従えてコミュニティーの頂点に立っている場合も多々ある。

まぁ、オレの分析はこんな感じだ。

幾つかのサイトに載っていた分析とほぼ同じだが、むしろ皆同じように感じて居るんだって事が確認できてちょっと安心している。

一言で言えば、「自己顕示欲の強い臆病者」と言うことなんだろう。

確かに、そういった傾向が見て取れる人が多い。

今まで「ポップスを習う」事にかなり抵抗を感じていたが最近は感じなくなってきた。
15〜6年ほど前になるが、札幌にMI札幌校の立ち上げ準備が行なわれてた頃に、「MIでギターを教えないか?」と誘われたことがあるんだが、結局悩んだ末に断った。
 
理由は、当時サラリーマンをしていたので、GITの為に時間を割くのが困難だった事と、もう一つは「ロックなんか習うものじゃねーだろ?」って考えがあった。
 
実は更にその10年ほど前から、当時はアメリカのMIで世界的に生徒を募集していて、親しい友人のドラマーがそのカリキュラムに参加するべく、英語の勉強をしつつ渡航費を貯めていたのを見ていた。
 
「アメリカまで行ってドラムの勉強ってなんだそれ?」ってのが、正直な感想だった。
まだ「楽器演奏を習う」って習慣が根付いてないので、クラシックの音楽家ならともかく、ロックやポップスやるのに、誰に何を習うんだ?って思ってたんですよね。
 
その彼が約1年アメリカに滞在し、現地で生活しながらスクールに通い、ドラムを習得してきた。
多分実質半年くらいだったと思うが、その短期間で彼は大きく化けた。
もう地元じゃ誰も彼に追いつけないだろう事は明白なほどカレのドラマーとしての腕前は上がっていた。
 
「スゲーなアメリカMI!」と思った。
彼以外で身近な所でMI(L.A)に行った人は当時は殆ど居なくて、オレはMIに行くと皆彼の様になると思っていた。
しかし現実は違った。
オレの感覚では「こいつはダメだろ?」ってミュージシャンの方が多かったんだよな。
アメリカ帰りで著名なミュージシャンに師事したことで、若干天狗になってるような奴ばかり。
演奏させると使えない。w
でも理屈だけは立派で、ガンとして他の意見を聞き入れないし、何につけても上から目線。
こんな奴とは一緒に音なんか出せないなぁ〜と思ったことで、オレのスクール嫌いが始まった。
つまり、「(スクール卒は)頭でっかちに成るだけで、良いことがない。」と思ったわけだ。
なのでそれ以来スクールにはかなり否定的だった。
そんな事があった数年後、例の札幌MIの講師に誘われた訳だが、まぁ結局断った。
 
で、その後数年経過して、スクールは割りと当り前で、其の気に成れば誰でも通えるし便利でお手軽。もっと言えば、学生の進路選択肢の一部としても機能している。
ただし、就職率は微妙だがね。w
 
そこで、オレもそろそろ意識を変えていかなきゃならんと思い始めたのが10年前。
GITは断ってしまったので、他で講師でもやろうかと思ったが、自分は完全に我流なので、所謂システマチックな講義は出来ないので、まぁ自分流にのんびりやろうと思うようになった。
で、色んな生徒さんと出会うことで、このスクールって形式の真実が見えてきた。
 

オレが嫌っていたスクールは、先生や学校の問題じゃなく、そこに通う生徒の問題だったことに気がついた訳だ。

 
つまり、生徒のやる気の問題というか、意気込みの問題だってね。
オレが講師をやる場合は、「教えてもらおうとするな。盗み取れ。」と言ってる訳でね。
オレの技量がどの程度かは知らんが、その生徒はオレから何かを学びたいから他のスクールを選ばないで、オレの個人レッスンを選んだんだろう。
ならば、その生徒はオレから技術や思想を盗めばいい。
「教えてあげるからお金ください。」とは最初から言ってない。
逆に、そういう気持ちの生徒は1ヶ月で辞めていくが、オレは追いかけない。
そんな生徒を無理矢理つなぎ留めてまで、地元の音楽のクオリティーを下げたくないからだ。
盗むチャンスを与えるから、その時間オレを拘束するわけだから、対価をよこせと言ってるわけ。
中身はオレが充実させるんじゃなく、生徒が自分で充実させるように仕向けてる。
 
で、結果的に其のくらい貪欲じゃないとモノにならない。
だから頭でっかちに成ってる奴は、先生に甘えてて、自分じゃ何も追求してないに等しいと思うんだ。習ったことが全てで応用も何もないような画一化された人材というか…。
それでも、その条件下で優れた奴は出てくるわけで、そういう奴は多分、スタジオワークやバックバンド等では重宝されるだろう。
技巧的で、知識もあるが、個性がない。
出てくるフレーズは教科書のままだが、こんな「STAP細胞並に便利で使いやすい材料」は他にないだろう。
 
ただ、

本当にやる気のあるやつは、スクールに通おうが、個人レッスンを受けようが、我流で独学だろうが関係ない。

必ず、頭角を現すように成る。
自分の生徒の中から、そういう奴が出てくれば嬉しいが、現実は中々厳しいよね。w
そもそも、そういう奴はオレのレッスンには来ないだろうけどね。www
 
 



まずはこれを見て。

フレーム非表示の人は、このURLをクリック。

https://www.youtube.com/watch?v=vlh5aewBI2w

こんな事が起きるんだなと…。

や、泣ける…。

「お花畑運動」とか言って浮かれているオレしか知らない人が以下を読んだら面食らうかもしらんが…。
 
オレは物事は全て相対的に存在してると思っている。
つまり、単独では存在し得ない。
必ず其れに対当するか依存するかする形で、2つ以上の事象が存在している。
最小単位は2つ。
コレはこの世の全てに適応できる原則だ。
つまり右が有れば左が有る、裏が有れば表もあるみたいなことだ。
 
其れを考えた時に、善は単独では存在し得ない。
単独に成った時点で、それは善ではなくなるからだ。
つまり、対当する悪があってこその善なんだよな。
 
正義はその「善」を内包している。
つまり、正義は有る特定の善を集めた「コンパクトな善」と解釈できる。
なので、その内容のチョイスに寄って様々な正義が存在する。
 
そのちょっとずつ違う内容の正義をまとめるためには、全てにおいて対当できる「絶対悪」みたいなものが必要になる。
それが、今のイスラム国(テロ組織)なんじゃないかな?
今その絶対悪であるイスラム国が必要以上に暴れるから、バランスを欠いているだけだと思う。
 
また人類は、常に生け贄を必要としてるってことでも有るんだろう。
つまり生け贄を捧げることで残された人の和平を得るみたいな思想。
イスラム国は真に全人類の生け贄と呼ぶにふさわしい。
世界中から忌み嫌われ、彼らが抹殺されることには何の異存もない状態が今構築されている。
 
仮に、念願かなってイスラム国が壊滅したらどうなるのだろうか?
相方を失った正義は自身だけでは存在できなくなって、また世界がバラバラになるだろう。
正義Aから見た正義Bは悪に見える。と言うか、悪ということにしなければ、正義Aは成り立たない。
で、各地でそれぞれの正義を存続させるために、別な小競り合いが世界中で発生する。
それが、武力抗争なのか、経済摩擦なのかは知らん。
人が正義を重んじる以上、悪は無くならないし、勧善懲悪思想が無くならない限り、争いは無くならない。
 
つまり、今何を論じても無駄だと思っています。
正義を貫くには其れに対当した悪が必要であるってこと。
今、アメリカやフランスの正義を満足させるには、イスラム国が必要なんですよね。
イスラム国を空爆することでアメリカやその属国の正義を主張してる。
イスラム国にはイスラム国の正義が有り、その正当性を満足させるためにテロに走る。
立場が違えば、どっちも正義だったりするわけです。
正義Aと正義Bですな。w
なので、オレに出来ることは祈るしか無いという結論なわけです。w
クダラナイ正義を捨てて、本質的な善悪で判断できるような優れた人類だけが生き残って欲しいと本気で思う。
 
でも、それは叶わないんだろうなぁ〜と思いつつ、別な解決法を考えると…。
人類は自分たちの安全を確保するために、ライオンを檻に入れた。
そして、普段の平和を確保するために、犯罪者も檻に入れることにしました。
今後この解釈をもう少し広げて、思想的劣等種も檻に入れる時代が来るかもしれません。
今の日本が段々そうなりつつある感じがして嫌ですね。w
其の優劣は「コンパクトな善」によって左右されるってのが一番の問題です。
人類は悲しいかな絶対善や絶対悪を結実することが出来ないんですから。
 
とか、書くと多分色んな人が心配すると思うけど、ご心配なく。w
変な宗教に入ったわけじゃないです。w
脳内トレーニングみたいなもんです。w
 
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
無題 [08/18 KIYA-HEN]
早く更新してください [08/04 おとうさん]
祈りなさい [10/14 神様]
わかる [07/30 SNA]
その人の気持ち [06/08 自由人]
同意です [06/08 たあ3]
無題 [05/24 HEN]
2年前の記事にすいません。 [05/23 通りすがり。]
無題 [04/09 某メタル好き]
無題 [08/02 弦]
無題 [06/24 きやへん]
無題 [06/23 某メタル好き]
なつかしい [02/05 山北]
無題 [01/29 Zero]
無題 [01/02 HEN]
無題 [01/02 Zero]
無題 [01/02 HEN]
無題 [01/02 HEN]
無題 [01/02 Zero]
無題 [01/01 Voice]
ブログ内検索
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]