忍者ブログ
KIYA-HEN CLUBLOG 2016年度版  「ヤバイよっ!」って言われても、言っちゃうんだけどさ…。(笑)
[137]  [136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

で、入手しました。
DragonDriver。
dd.jpgdd2.jpg

前回のBlogで、ある程度のレビューはしたんですが、今度は実際にボードに組んでスタジオへ出かけました。w

足元はこんな感じ。

bord02.jpg

左から、MORLEY VAI-1、KORG TUNER 、DragonDriver(以下DD)、ARION DIGITAL DELAY、EIRNIEBALL VP。

ギターはこれ。
JEM7V_WH.gif
Ibanez JEM 7V

アンプはこれ。
top_L.jpg
Roland JC-120


セッティングはですね…。

JC-120は、Treble、Middle、Bassともフラット。
Reverbは、2.5位。
Chorusは、Depth6、Speed0な感じ。

足元のDDは全部フラット。
Delayは、テキトー!w
多分、280ms位にリリース4回位の、20%ミックス程度だと思う。

で、色々書くより聞いた方が早いと思うので、これを…w
あ、プレイが下手くそ!とか言わないでね。心折れるから。w

これで思ったこと。


「結局オレの音じゃねーか?w」


ってこと。
つまり、DDで小林信一になれる訳じゃないんですわ。w
やっぱ、鍛錬は必要でね。www

でもこいつは重宝します。
ただし、大型スタックをクランチさせてる人はコレあまり使い道ないかも。w
こいつは、小型アンプしか無い会場とかで、大型のチューブスタックのような、ディストーションサウンドが欲しい時に使う感じでしょうね。
つまり、ライブハウスのMarshallにこいつ繋いでもあまり嬉しくないってことです。
ただ、後述する使い方だと使い勝手は良いですが…。

まず、特徴的なのは、トーンコントロール。
フツーのディストーションのトーンコントロールって、単純に高音域を削るだけでしてね。
ちょっと凝ったやつでも特定周波数を増減するだけって感じですよ。
でも、コレはなんつーか、トーンってよりも、アンプシミュレーターのスピーカーキャビネットを選んでるような気分になります。

一番絞ると、大型フルレンジ1発のコンボを歪ませたような音になって、センターで定番の12inch4発のモダンスタックキャビネットを使ってる感じ。
目一杯上げると、10inch1発の小型コンボを歪ませてるような感じで、イコライザーってよりは、スピーカーセレクト的なニュアンスを感じました。

コレはなんか画期的だなぁ〜と…。
興味が湧いたんで、中を開けてみました。

品番を消された石(IC)が2個。w
基板回路からすると、多段オペアンプのフィードバックにダイオード噛ませてクリップしてるんだろう。
クリップ方式はBOSSタイプ。つまり両切り。w
ま、OD系定番の回路構成ってことですわ。
一方のICで歪ませて、もう一方のICでトーンとブースターを兼ねてる感じでしょうか。

しかし、ICが違うらしく、定番の4558系のサウンドではないですね。
むしろ、308や072とかの低電力系のアンプをオーバーロードさせてクリップさせてる感じ。
それに、さらにフィードバックにダイオードクリップ使って倍音足してるてか、余計なのを削ってるってか…。
ダイオードはガラス管使ってるので、こいつをシリコンに変えるとオレの好み系の音になるんだろうかと思案中。w

音の方向性は、OD-1ってよりは、TS-9。
4558ってよりは、308系の歪み方ですかね。
072って選択肢もあるけど、昔いじったRATに似てるなと。
なので、308系じゃねーかと予想するわけです。w

違ってたらごめん。w

で、ここで問題発生
EIRNIEBALLのVPの音痩せが我慢出来ない!w

うちへ帰って配線しなおし。

wire.jpg

右がオリジナルの線。
か細いてか、あからさまに音悪そう。w

で、左が交換したベルデン。
ま、幾らかマシだろうと思ったんで交換。

そして組み上がったボードはコレ。w

bord01.jpg

空間系はボスコンです。
この部分は、近々ZOOM G3に取って代わるでしょう。w

今度のアンプは、Marshall JCM-900!

セッティングは、Aチャンネル使用して、Treble Middle Base はフル!w
Presenceは2。GAINとMASTERは4位。
Reverbは2位。
BOSS CE-3は、RATE0、DEPTH6程度。


おー!良い感じですぅ〜!w

まぁ、JCM-900ならBチャンネル使えばOKなんでしょうけど、Bチャンネル特有の紙破いたみたいな「音痩せ感」を感じないで、歪ませれるので、Aチャン+DDってのは、アリかなと思います。
必要応じてクリーンも使えるという裏ワザも出せますからね。www

ま、コレは考え様によってはいろんな場面で使えますな。
オレみたいに、自分のバンド以外でもいろんな場面でギター弾く機会があると、こういう小物は重宝します。
マルチのディストーションはまだまだ実用レベルじゃないんで、歪み系はこういう小物が便利です。

ま、値段は「小物」じゃないですけどね。w
ちょっとしたUSBインターフェース内臓のマルチの方が安いですからね。www

そんな感じで、楽しい時間はあっという間に過ぎてゆきます。www


小林先生!
こいつ、最高です!!
で、例の個体差を知りたいんで、もう1個下さい!www
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
無題 [08/18 KIYA-HEN]
早く更新してください [08/04 おとうさん]
祈りなさい [10/14 神様]
わかる [07/30 SNA]
その人の気持ち [06/08 自由人]
同意です [06/08 たあ3]
無題 [05/24 HEN]
2年前の記事にすいません。 [05/23 通りすがり。]
無題 [04/09 某メタル好き]
無題 [08/02 弦]
無題 [06/24 きやへん]
無題 [06/23 某メタル好き]
なつかしい [02/05 山北]
無題 [01/29 Zero]
無題 [01/02 HEN]
無題 [01/02 Zero]
無題 [01/02 HEN]
無題 [01/02 HEN]
無題 [01/02 Zero]
無題 [01/01 Voice]
ブログ内検索
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]